RSS * Admin

もっとも平穏な黒猫の飼い方。

  日々つれづれ嘘日記、+α。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|


 くれくれと云うので振り向いたら畜生が影のところにいてまるい目で手もみをしている。呉、暮れ、暗れ或いは塊かとおもいながら他に何か喋るのを待ってみたが畜生はくれくれ以外に言わない。ひょっとして畜生ではなくて餓鬼だろうか、男餓鬼なんぞ揚げる楽しみも無いなあと思って無視する。男餓鬼といえば昔思い出したくもないようなやつに引っかかって三生分くらいの財産を喰われたことがある。実に純情に機を織ったりして金襴緞子を売りさばいた私に超ふざけたウインクを残して「かたじけあり!」と逃げたあれとは200余年連れ添ったのだから三生と半分くらいだろうか。
 夢想しているあいだにも畜生はくれくれ云いながらついてくる。足を早めて「私はもう誰にも何にもやらない」と口に出して言ったら数が増えた。



――――――――――――――――――――
お題:かたじけあり ちくしょう 思い出したくもないやつ とのことで

ヘンなお題でした(笑)
そしてヘンな話だなあ。機織り以外にこう「身を削ってやる系」の女仕事を思いつかない自分をどうにかしたい。鶴の恩返しイメージだよな。



とんでもない男のはずなのに、かたじけありのせいですごく可愛くみえる(笑)
歯磨きしながら読んでたら吹き出しそうになった。
ちょんまげ侍のイメージだからかしらー。
(やろ)
2006/09/12 | URL |(trip@-)
編集

傑作。
「実に純情に」から息長く引っ張った一文が大黒柱。
無理矢理欲を言えば数が増えるときに音響をつけてもうひと花か。

いきなり失礼いたしました。
(雪雪)
2006/09/13 | URL |(trip@-)
編集

ぎゃーーーーーーーーあああ本物!? まさかまさかそんなはずはーーーーーー!!


と叫んで逃げ出したいくらいびっくりしていますがうわあははは初めまして。壱緒と申します。
いいえ、私のほうは一方的に雪雪さんのことを存じ上げていたのですが。うちの大学生協に「八本脚の蝶」が平積みにされていた関係上。
数が増える前に何か足りないような気はしなくもなかったのですが、足りないとはっきり思う前に「よしこんなもんか」と終わらせたことを今更後悔です。
ありがとうございます。ひとから声をかけていただけるというのは本当にうれしいことです。
精進いたします。心の底からお礼を。
(壱緒)
2006/09/14 | URL |(trip@is4XjSHA)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://horahuky.blog65.fc2.com/tb.php/50-0c82b975


もっとも平穏な黒猫の飼い方。 © 壱緒 2017. (http://horahuky.blog65.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico. icene . combined and arranged dy 壱緒. THANKS BOTH.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。